ヤング開発の分譲住宅事業

ヤング開発の分譲住宅事業

ヤング開発の分譲住宅事業である注文家創りでは、分譲住宅でありながら注文住宅のように間取りや外観、設備などを選ぶことができるそうです。延床面積が同じなら間取りの変更を行っても価格は変わらず、住宅内外の使用や色、設備、部材なども無料で変更ができます。そして表示価格に全て含まれた税込み価格で提示されるなど、とにかく明瞭で安心な料金システムを敷いていることが特徴です。

 

外壁は400種、屋根は11種、玄関ドアは137種、その他ドアハンドルや建具の色、内装ドアなど、家の様々なポイントを選ぶことができる上、中庭やロフト、バリアフリーなどの希望にも対応可能ということで、注文住宅のような理想を追求した家づくりが行えるでしょう。

 

そんなヤング開発の求人情報を見てみましょう。

 

また、ヤング開発では強度の高いSHMB工法という方法が採用されていて、地震や積雪などに負けない住宅が作られるそうです。この手法は通し柱の接合部を高品質なマルチボルトで補強し、接合強度を大きく向上させるものだそうで、地震や暴風、大雪などの災害に耐えられるような強度を持った家づくりが可能となるそうです。さらにヤング開発では、最も安定している「ベタ基礎」を土台に採用し、外周部に補強筋を入れることで頑丈な基礎を構築。SHMB工法と併せて、家族を守る強固な家づくりが完成するとのことです。

 

ヤング開発ではこれらの施工を全てグループ会社内で行っているそうです。部材の生産工場も自社で抱えていて、住宅の開発段階から地盤調査、部材生産、施工、その後のアフターフォローにいたるまでを全て自社グループで行うことは、最大の強みといえるのではないでしょうか。各工程での連携が円滑になり、顧客の要望や住宅に関する様々なデータの共有がスムーズになり、より品質の高い家づくりが可能になっていると考えられます。そのためか、ヤング開発では10年間の長期保証に加えて30年の無料点検を実施。家づくりに自信があるヤング開発ならではだといえるでしょう。

 

その他、耐火性能やエコ性なども追求されたヤング開発の分譲住宅。ヤング開発では「自らの利益を第一に考えるのではなく顧客の利益を第一に考える」をモットーに、創業から家づくりを行っていたそうです。戸建の分譲住宅事業を通じて、真に満足してもらえる家づくりを目指して。ヤング開発の様々な取り組みは、全てこのモットーに帰結するといって良いでしょう。ヤング開発の考えに共感できる人は、是非就職情報をチェックしてみてはいかがでしょうか?